MP_ADAM6060D_IF1


"MP_ADAM6060D_IF1"はこちらからダウンロードしてください 。
MP_ADAM6060D_IF1.zip

 

   
 
・toxファイルを、利用したいプロジェクトのNetworkEditor上にドラッグ&ドロップして使用してください。
 
カスタムパラメータの[ADAM6060D]ページで下記の設定を行ってください。
 
 Active:"On"にするとADAM6060Dとの通信を開始します。
 IP address:ADAM6060DのIPアドレスを入力してください。
 Input response:インプットの状態を確認する際の反応速度を、"High"と"Low"から選べます。
 
このコンポーネントには、6のInと、6のOutがあります。
 
・ADAM6060Dのリレーアウトの状態を切換える際は、コンポーネントのInにchopをに繋いでください。
 
・ADAM6060Dのデジタルインプットの状態を利用するには、コンポーネントのOutにchopを繋いでください。
 
・フォルダの中には、OSCにてADAM6060Dをコントロールするサンプルファイル(toe)を含んでいます。
 
・Non-Commercialでの動作確認もできています。(非商用向け)
 
・本ファイル(tox)、及びサンプルファイル(toe)については、商用を含めて利用制限はありません。
 
本ファイル(tox)、及びサンプルファイル(toe)を使用しておきた障害、問題に当社は一切の責任を負いません。
 自己責任でご使用いただきます様にお願い致します。